NEO 月でくらす展 ~宇宙開発は、月面移住の新時代へ!~<日本科学未来館>

  • 2023-04-28 ~ 2023-09-03
  • 青海エリア

月での生活を体験できる、新感覚の宇宙展覧会

本展は、月が秘める無限の可能性とそれが人類に与えるインパクト、そして何より宇宙開発への夢をかきたてながら、未来の月面での生活を疑似体験できる新感覚の体験型展覧会です。
月に水が存在する証拠が発見されたこともあり、人類が実際にくらすためのさまざまな研究や開発が今まさに計画されています。本展は、人類が夢みる「月移住」が実現した世界を科学的な知見をもとに描き出し、月に住む一員になりきってその「くらし」を体験しながら、楽しく宇宙を学べる展覧会です。子どもたちが新たな宇宙の体験学習を通して、月を身近な存在と感じられる機会を提供します。今話題の分野である人類と月の未来について、体感してみませんか。
未来館と、図鑑NEOを展開する小学館など各社が協力し、宇宙についての知見と未来への想像力を集結させることでつくりあげた月面移住の世界をどうぞお楽しみください。

◎開催コンセプト

もしもきみが明日から月にくらすことになったら、いったいどんな生活が待っているだろう?
「えっ、月って人がくらせるの!?」と驚いたきみ、これはもう、SFの話じゃないんだよ。
いま世界の国々は、本格的な月の探査と開発にむかって、競ったり協力しあったりしている。
そう、「月で水が発見できたら」、「月の資源を活用できたら」、人々が地球の外に住んだり、もっと遠い星まで行くことができたり、人類の宇宙進出がイッキに加速することがわかっているんだ。
さあ、きみも一足はやく月でのくらしを体験してみよう。
そして、月がもたらす大きな可能性を発見しよう。

◆開催概要

  • タイトル
    特別展「NEO 月でくらす展 ~宇宙開発は、月面移住の新時代へ!~」
  • 会期
    2023年4月28日(金)~9月3日(日)
  • 会場
    日本科学未来館 1階 企画展示ゾーン
  • 休館日
    火曜日(ただし、5月2日、7月25日~8月29日の火曜日は開館)
  • 料金
    大人[19歳以上] 2,400円(2,100円)
    18歳以下[小学生以上] 1,700円(1,400円)
    未就学児[4歳以上] 1,100円(900円)
  • 主催
    日本科学未来館、NEO 月でくらす展製作委員会
  • 本展公式サイト
    特別展 「NEO 月でくらす展 ~宇宙開発は、月面移住の新時代へ!~」公式サイト

※( )内は前売り、8名以上の団体料金。価格はすべて税込み。
※3歳以下は無料。障害者手帳をお持ちの方および付き添いの方1名まで無料。
※常設展もご覧いただけます。ドームシアターは別料金(要予約)。
※会場の混雑状況により入場整理券の配布、または入場を規制する場合があります。
※団体(8名以上)のご予約は「団体予約について」をご確認ください。
※チケットは3月下旬に販売開始予定です。
イベント情報

SPOT 近隣スポット情報

  • MAP(PDF)
  • 臨海副都心エリアのメタ観光マップ
  • ゴールデンウィーク2024
  • お台場FREE Wi-fi