シンポジウム「原発事故から7年、放射能汚染の状況はどこまで改善したのか」<日本科学未来館>

  • 2018-03-10 ~ 2018-03-10

「原発事故から7年、放射能汚染の状況はどこまで改善したのか」
福島第一原子力発電所の事故により放出された放射性物質の状況は、除染や気象現象などさまざまな要因により、大きく変化を続けています。7年が経過した現在、放出された放射性物質はどこへいったのでしょう。また、一度汚染された土地で農業はどのように行われているのでしょう。調査研究を行ってきた研究者たちより、重要な知見を聞くとともに、残された未解決の問題と今後も見張り続けなければならない事柄について、また、科学者と市民そして社会の役割について、参加者全員で考えます。

開催日時: 2018年3月10日(土) 13:00~17:30
開催場所:日本科学未来館 7階 未来館ホール、コンファレンスルーム 水星・火星・金星
対象:どなたでもご参加可能です
定員:240人
参加費:無料

詳しい内容はイベント主催者のWEBサイトからご確認ください。

イベント情報
  • 開催期間
    2018-03-10 ~ 2018-03-10
  • 開催場所
    日本科学未来館
  • お問合せ先
    日本科学未来館
  • お問合せ先【電話番号】
    03-3570-9151(代表)

SPOT 近隣スポット情報

  • MAP(PDF)11
  • レインボー花火2019
  • 東京臨海 動画ギャラリー
  • FREE Wifi