スポット

  • レジャー

日本科学未来館

日本科学未来館は、21世紀の新しい知を分かち合うために、すべての人にひらかれたサイエンスミュージアムです。
ここにあるのは、自分自身で触れ、楽しむことのできる参加体験型の常設展示のほか、実験教室、企画展、トークセッションなど多彩なメニュー。科学コミュニケーターやボランティアと対話しながら、次の時代を切りひらく「新しい知」としての先端科学技術を体験することができます。未来館ではこれらの活動を通して、先端科学技術を文化の一つとして社会全体で共有することを目指しています。

2011年8月、常設展示フロアに2つの展示コーナーがオープンしました。
3階「技術革新と未来」に新設された「2050年くらしのかたち」は、「ひとりひとりの願いがつくる未来」をコンセプトに、新しい科学技術が溶け込んだ2050年の架空の都市「いとおか市」の人々のくらしを知ることにより、持続可能な社会をつくるライフスタイルと、それに必要な科学技術をともに考える展示となっています。
3階「情報科学技術と社会」に新設された「アナグラのうた~消えた博士と消された装置~」は「アナグラ」を舞台にした空間で、体験者の動きや生体情報にあわせて映像や「うた」が生まれます。 私たち一人ひとりの情報という資源が、役立てられていくようすを体験できます。

詳細情報

サービス案内
  • 駐車場有
  • 食事OK
  • ファミリー向け
  • 車椅子専用トイレ等
  • 授乳所等
  • ロッカー
営業時間

10:00~17:00(入館は閉館30分前まで)

休館日

火曜日・12/28~1/1

所在地

東京都江東区青海2-3-6

最寄り駅

ゆりかもめ「船の科学館」駅5分、「テレコムセンター」駅4分
りんかい線「東京テレポート」駅15分

お問合せ先 03-3570-9151
施設サイト

 http://www.miraikan.jst.go.jp/

今後1ヶ月のイベント

Art Hack Day 2018<日本科学未来館> 
開催期間:2018-02-04(土)~02-04(日)、03-10(土)~03-11(日)、03-16(金)~03-18(日)

Art Hack Day 2018 では、参加申し込みから選出されたアーティストや技術者、そして研究者が一堂に会し、その場で結成したチームで、「BEING THERE(現れる存在)」をテーマにアート作品を制作する。優秀な作品は日本科学未来館の常設展示「メディアラボ」にて、数か月間の展示を予定。

開催期間: 2018年2月3日(土)、4日(日)、3月10日(土)、11日(日)、16日(金)~18日(日)
開催場所: 日本科学未来館

詳しい内容はイベント主催者のWEBサイトからご確認ください。

レジャー / 日本科学未来館

【特別実験教室】ノーベル賞化学者からのメッセージ 導電性プラスチックを作ろう!<日本科学未来館> 
開催期間:2018-02-17(土) 、03-31(土)

白川博士自らが実験を通して化学の不思議さ、面白さを伝える特別実験教室です。テーマは電気を通すプラスチック「導電性プラスチック」。実際に参加者が導電性プラスチックを作ります。
導電性プラスチックとは
2000年にノーベル化学賞を受賞した白川英樹博士、A. J. Heeger博士、A. G. MacDiarmid博士が発見し開発したもの、それが導電性プラスチックです。
「プラスチック」といえば、ペットボトル、スーパーの袋やラップなど、日常の様々なところで用いられていて、普段からよく目にする身近な存在です。軽くて強く、加工がしやすいところ、そして、金属と違ってさびないところ、さらに色々な薬品に耐える性質もあります。しかし、これらのプラスチックは電気を通しません。
これに対して「導電性プラスチック」は、このようなプラスチックの様々な性質を持ちながらも、電気を通すという大きな特色を持った、新しいプラスチックです。1977年に白川博士らによって、ポリアセチレンというプラスチックに金属のように電気が通ることが発表され、今ではリチウムイオン電池や電解コンデンサのように、導電性プラスチックを利用した製品も数多く出ています。

実施日時:
①2018年2月17日(土) 13:00~16:30
②2018年3月31日(土) 13:00~16:30
所要時間:3時間30分(途中休憩あり)
定員:20名
対象:小学5年生以上

<申込必要>

詳しい内容はイベント主催者のWEBサイトからご確認ください。

レジャー / 日本科学未来館

The 1st NanoLSI International Symposium – Towards Establishment of New Research Field: Nanoprobe Life Science-<日本科学未来館> 

平成29年度文部科学省「世界トップレベル研究拠点プログラム(WPI)」の採択を受けて設立されたナノ生命科学研究所(NanoLSI)は,ナノ計測学,生物学・医学・薬学,超分子化学,数理計算科学の4分野の融合により,生命の誕生,疾患,老化などのさまざまな生命現象をナノレベルで根本的に理解することを目指しています。
このたび,本研究所の発足を記念し,下記のとおり第1回国際シンポジウムを開催します。
本シンポジウムでは,本研究所について紹介するとともに,NanoLSIの4つの研究分野において著名な国内外の研究者を講演者としてお招きするほか,各分野の研究において中心的役割を担う主任研究者が研究内容を発表します。
皆様のご参加を心よりお待ちしております。

開催日時: 2018年2月21日(水) 13:00~18:10,22日(木)09:00~12:00
開催場所: 日本科学未来館 7階

詳しい内容はイベント主催者のWEBサイトからご確認ください。

レジャー / 日本科学未来館

ともにつくるサイセンタン!「音でつながる人と環境~あなたは自然の”声”が聞こえますか?」<日本科学未来館> 

日常的にあふれている「音」。みなさんは、どれくらい注意深く耳を傾けていますか?
遠く離れた場所や、人が簡単に足を踏み入れることのできない場所の「音」から、人は何を知ることができるのでしょうか。
東京大学 空間情報科学研究センターでは、自然の「環境音」を配信し、モニタリングするシステムを開発しています。本イベントでは、開発中のシステムを使い、送られてくるいくつかの環境音に耳を澄ませ、何が聴き取れるかを調べるための実験を行います。この研究に参加して頂く方を、当日募集します。
皆さんからの意見やアイデアが、環境音から遠隔地の環境を見守るシステムの開発に生かされます。

開催日時:2018年2月24日(土) 
①11:00~11:30 ②12:30~13:00 ③14:30~15:00 ④16:00~16:30
※全4回 / (内容は同じです)
※整理券配布は10時から、5階 コ・スタジオ横で行います。なくなり次第配布は終了します。
開催場所:日本科学未来館 5階 セミナールーム
対象:年齢に制限はございません
定員:各回15名
参加費:入館料のみ

詳しい内容はイベント主催者のWEBサイトからご確認ください。

レジャー / 日本科学未来館

パネル展示「Lesson #3.11 7年目の選択」<日本科学未来館> New

東日本大震災とその後の原発事故について、巨大地震への備え、放射能汚染の現在、エネルギー問題という3つの章立てで、科学的なデータをまとめ展示します。この7年間に、私たち個人や社会が行ってきた「選択」に焦点をあて、これからどのような未来を築いていくのか考える場を創出します。

パネル展示概要
●巨大地震への備え
マグニチュード9というハザード
自分で守る、みんなで守る
●放射能汚染の現在
減少する陸域の放射性物質/広がり薄まっていく海域の放射性物質
食べ物の放射能を見張る
●エネルギー問題
なおも高まる化石燃料依存
再生可能エネルギーを育てていく

開催日時:2018年2月28日(水) ~4月9日(月)
開催場所:日本科学未来館 5階 常設展内
参加費:入館料のみ

詳しい内容はイベント主催者のWEBサイトからご確認ください。

レジャー / 日本科学未来館

サイエンティスト・クエスト-2018年3月のラインナップ<日本科学未来館> New
開催期間:2018-03-03(土)、03-04(日)、03-18(日)

2018年3月3日(土)
概要:
病気の時に薬を飲むとどうして治るのでしょうか?薬の仕組みについて学びながら、未来の医療について考えます。
2018年3月4日(日)
概要:
テクノロジーでスポーツを再発明する「超人スポーツ」についてお話しします。
誰もが楽しくスポーツをする未来について、一緒に考えます。
2018年3月18日(日)
概要:
介護施設では日々どのようなことが行われているのでしょうか。一緒に未来の介護サービスについて考えます。

開催時間:①12:30~13:00 ②15:30~16:00(各回共通)
※1日に2回開催(内容は同じです)
※各回ともに、研究者によるトークイベント15分間と座談会15分間の2部構成です。
開催場所:日本科学未来館 5階 コ・スタジオ(各回共通)
対象:小学4年生以上
定員:30名程度

詳しい内容はイベント主催者のWEBサイトからご確認ください。

レジャー / 日本科学未来館

シンポジウム「原発事故から7年、放射能汚染の状況はどこまで改善したのか」<日本科学未来館> 

「原発事故から7年、放射能汚染の状況はどこまで改善したのか」
福島第一原子力発電所の事故により放出された放射性物質の状況は、除染や気象現象などさまざまな要因により、大きく変化を続けています。7年が経過した現在、放出された放射性物質はどこへいったのでしょう。また、一度汚染された土地で農業はどのように行われているのでしょう。調査研究を行ってきた研究者たちより、重要な知見を聞くとともに、残された未解決の問題と今後も見張り続けなければならない事柄について、また、科学者と市民そして社会の役割について、参加者全員で考えます。

開催日時: 2018年3月10日(土) 13:00~17:30
開催場所:日本科学未来館 7階 未来館ホール、コンファレンスルーム 水星・火星・金星
対象:どなたでもご参加可能です
定員:240人
参加費:無料

詳しい内容はイベント主催者のWEBサイトからご確認ください。

レジャー / 日本科学未来館

遺伝子ラボ2018春 ~光る大腸菌から考える 私たちと未来の医療~<日本科学未来館> New

20XX年、ヒトの遺伝子を自在に書き換え可能になったら、どんな社会になると思いますか?遺伝病はなくなり、病気になりやすい体質は改善し、強靱な肉体や美しい容姿が思いのままになるかもしれません。しかし、問題はそう単純ではないようです。
イベントでは、遺伝子型判定実験や大腸菌遺伝子組換え実験を実際に体験します。また、遺伝子を書き換える技術を使うことについて、参加者全員でディスカッションしてみます。正解のない、この技術の使い方について、皆さんはどんな風に考えますか?

開催日時:2018年3月17日(土)10:30~17:00、3月18日(日)13:30~17:00
※2日間連続のイベントのため、両日参加いただける方が対象です。
開催場所:日本科学未来館 3階 実験工房、5階 実験室
対象:中学1年~高校3年生
定員:16名
参加費:入館料のみ

<要申込>

詳しい内容はイベント主催者のWEBサイトからご確認ください。

レジャー / 日本科学未来館

クーポン・お得情報

スポット名 お得情報(詳細はHPへ)
日本科学未来館 BLOG 未来館のひと
対話で科学を伝えている科学コミュニケーターによる日記 
日本科学未来館 twitter
科学コミュニケーターの視点からみた科学トピック、注目の展示やイベント情報などをつぶやきます。
日本科学未来館 無料開放日

「毎週土曜日」は18歳以下の方

「こどもの日」は18歳以下の方(2014年は5月5日(月))

「敬老の日」満65歳以上の方(2014年は9月15日(月))

「科学技術週間」金曜日、土曜日(2014年は4月18日(金)、19日(土))

「教育・文化週間」期間の土曜日(2014年は11月1日(土))

「開館記念日」(2014年は7月9日(水))


お知らせ

開催場所・エリア

近隣スポット情報

東京レジャーランド
東京レジャーランド
ゲーム、室内バッティング、スポーツゲーム、ボウリング、カラオケ、ビリヤード、卓球、キッズコーナー、か..MORE
東八潮緑道公園
東八潮緑道公園
船の科学館に隣接し、南極観測船「宗谷」への乗降口がある..MORE
船の科学館
船の科学館
海と船の文化をテーマにした海洋総合博物館入館料 無料..MORE
地方独立行政法人 東京都立産業技術研究センター
地方独立行政法人 東京都立産業技術研究センター
東京都立産業技術研究センターは、東京都内の中小企業に対する技術支援により、東京都の産業振興を図り、都..MORE

スポット検索

  • ジャンルから探す
  • 名称から探す

イベント検索

日付から探す

日にちをクリックするとその日のイベントの一覧ページへリンクします。

今後1ヶ月のイベント

クチコミ

  • おでかけNAVI
  • おでかけMAP
  • おすすめスポット 夜景・イルミネーション
  • クーポン・お得情報

アクセス

  • 電車をご利用の方
  • バスをご利用の方
  • 車をご利用の方
  • 船をご利用の方
  • お得な切符情報